コーヒーを楽しく飲む! 7日目

コーヒーを飲む頻度が少し落ちていたこともあり、時間がかかってしまいました。
寒くなったり暖かくなったりと気温が暴れてますが、どんな時でもコーヒーは美味しい。

今回の豆にいきましょう。

モカ・マタリ No.9 イエメン

モカ・マタリ No.9

・原産国:イエメン
・品種:モカ
・精製処理:ナチュラル

モカとは

1種類の確立した品種ではなく、複数の在来種を混合させた総称である。
モカ港から積み出されたコーヒー豆をモカコーヒーと名付けて取引していたのが始まり。
中でも、マニ・マタル州で栽培される豆は、イエメン産の最高級品として『マタリ』がつけられる。

No.9とは

数字が大きいほど欠点豆混入が少なく、高品質なコーヒー豆とされている。
しかし、生産国によって混入率が違うため注意が必要ではある。

特徴

柑橘系の強い酸味とモカフレーバーといわれるワインのような独特な香り。

淹れ方を試す

今回試したのは6パターン。

豆はもちろん「モカ・マタリ」

焙煎度合いは、
分量は2杯分。
変えるのは、「粉量・挽き具合・お湯の温度・注ぎ」です。

その1

・粉量:21g
・挽き:細挽き(粗目より)
・温度:92℃
・注ぎ:太め(早め)

始めに苦みを感じるが、それだけでサッパリとしている。
香りが控えめで、薄いと感じてしまうかもしれない。

その2

・粉量:22g
・挽き:細挽き
・温度:95℃
・注ぎ:細め(ゆっくり)

グッと苦みが来るが、後味サッパリとしている。
香りは控えめ。苦みを感じるが飲みやすいので結構いい感じ。

その3

・粉量:24g
・挽き:細挽き(粗目より)
・温度:95℃
・注ぎ:細め(ゆっくり)

後味のサッパリ感が無くなり、苦みが残るようになった。
苦みを楽しめるようになり、ミルクを入れて飲むのにも良き。

その4

・粉量:18g
・挽き:細挽き
・温度:88℃
・注ぎ:細め(ゆっくり)

苦みが「その3」より抑えられた。
苦みを感じながら、量を飲むならこっちのほうがいいかもしれない。

その5

・粉量:22g
・挽き:粗挽き(細めより)
・温度:95℃
・注ぎ:細め(ゆっくり)

始めに苦みが来るが、それ以外は酸味の方を感じるようになった。
一気に感じの違う味わいに。残る感じがあるので温度を下げたい。

その6

・粉量:22g
・挽き:粗挽き
・温度:95℃
・注ぎ:細め(ゆっくり)

「その5」より残る感じが弱まり、思っていたような感じになった。
苦みの中の酸味を味わうならこんな感じが良き。

終わり

苦みを楽しむなら「その3」。酸味も楽しむなら「その6」。
という感じですかね。
今までの中で、一番淹れ方の違いを感じることのできるコーヒー豆でした。
ここまでハッキリと違いがわかると試していて楽しいです。

モカコーヒーはやっぱり美味しいですな~
淹れ方で味が変わるし、変わっても不味いってことはほぼ無いので楽しめるのも良き。

コメント

タイトルとURLをコピーしました